厳選! 駐車場シェアリングサービス おすすめ4選! 2019年版 総まとめ!

厳選! 駐車場シェアリングサービス おすすめ4選! 2019年版 総まとめ!
悩める人
・土地活用をしたくて、駐車場シェアリングサービスを始めてみようと思うんだけど、どんなサービスなの?

・どれぐらい稼げるのかな?

 

 

今回はこのような疑問にお答えします。

 

 

本記事の内容

・駐車場シェアリングサービスについて

・メリット、デメリット

・実際に稼げる金額

 

Advertisement

 


駐車場シェアリングサービスとは?




個人や企業が使っていない空き駐車場や
スペースを貸し出すシェアリングサービスのこと。

 

 

現在、様々な企業が駐車場シェアリングサービスに、
参入していて、こちらのサービスに注目がされています。

 

その中でも、2019年度、
おすすめな駐車場シェアリングサービスを
4つ、詳しく解説していきます。

 



 


akippa (あきっぱ)

 

オーナーの収入:利用料の50%

akippaは、
15分単位・1日単位で駐車場予約ができます。

2019年1月時点で会員数は100万人以上。
累積の駐車場拠点数 24,000箇所以上。

主にイベント会場や観光地周辺で、
不足する駐車場の貸し出しに強い。

 

 

 

どんな場所が人気なの?
・東京ドーム
・名古屋ドーム
・ヤフオクドーム
・ユニバーサルスタジオジャパン
・梅田

 

 

利用目的
・イベント、コンサート
・試合観戦
・家族、知人宅訪問
・買い物、食事
・ビジネス
・旅行、観光、レジャー

 

コインメーターが不要なため、
空きスペースを駐車場専用にしなくても済み、
普段の利用に支障をきたすことなく、
空いている日時だけ貸すことが可能。

個人に加えて、
土日や祝日に営業していない企業も
スペースを提供しています。

 

 


B-times

 

オーナーの収入:利用料の60%

 

タイムズクラブ会員限定
駐車場シェアリングサービス。

2019年1月時点で会員数は700万人程。
累積の駐車場拠点数 10,000箇所以上。

「B-Times」は、
空いている土地スペースを有効活用したい方と、
外出先で確実にクルマをとめたい
ドライバーの方をマッチングする
会員制駐車場サービス。

駐車場運営のための機器設置が不要で、
小スペースなどにも開設が可能。

 

 

B-timesの特徴
●駐車場が事前に確保できて安心
最大で14日前から予約可能。
現地で駐車場探しに時間を費やす心配ゼロ。


●1日単位の定額料金
1日単位の予約なので、
ご利用当日に何度出し入れしても、
料金は変わりません。

料金は150円~/日とお得です。


●宿泊利用もできる
1週間などの長期駐車も可能で、
旅行など長期のお出かけにも便利。


●現地での精算が不要
予約時にクレジットカード決済のため、
駐車場利用当日に小銭を用意する必要はありません。


●キャンセルは前日まで無料
ご利用日の前日までなら無料でキャンセルが可能。
急に予定が変わった時も安心。


●ポイントが貯まる・使える
ご利用額に応じてタイムズポイントが貯まる。

 

パーク24が運営するTimesの基盤があり、
多くのドライバー (700万人) にアピール可能のため、
スペース稼働率は高い。

 

 


軒先パーキング

 

オーナーの収入:利用料の65%

2019年1月時点で、
累積の駐車場拠点数 7,000箇所以上。

 

駐車場を借りる側の特徴
①安心快適
事前に予約できるので駐車場探しが不要です。
車の出し入れも自由にできるので、
お出かけのバリエーションが広がります。


②エコロジー&エコノミー
既存の空いている駐車場や
土地をそのまま有効利用でエコロジー、
お財布にやさしい料金設定でエコノミー。


③いつでも手軽に
登録料や月会費などは不要です。
運転免許証をお持ちの方なら、
誰でも簡単に登録・利用できます。


仕事で車を使う方にも便利。
・営業マンの方
・建設業などの方
・配達・配送業の方

 




 

 

駐車場を貸す側の特徴
①コスト不要
初期投資は一切不要。
空いている駐車場をそのまま貸し出し可能。
登録料や月会費なども不要。
使っていない駐車場を収益化します。


②空いている時間、貸したい日だけ
使っていない時間帯、
空いている日にちだけの限定的な貸出が可能。


③安心サービス
ご利用される方はすべて事前登録制です。
利用料金は弊社が集金代行しますので、
面倒な代金授受はありません。


軒先パーキングは様々な企業と提携をして、
駐車場の利用者を集客してくれます。

NAVITIME
月間利用者数2600万人。
総合ナビゲーションサービスNAVITIMEと
提携により、リアルタイムで
駐車場を探している利用者に検索され、
集客につながります。


JAF(一般社団法人日本自動車連盟)
会員数1800万人のJAFとの業務提携により、
自動車保有数全体の25%の方に対して、
お知らせが可能で集客につながります。

 

 


スマートパーキング(Smart Parking)

 

オーナーの収入:利用料の50%

名古屋を中心に展開してる
駐車場シェアリングサービスサービス。

2019年1月時点で、
累積の駐車場拠点数 1,800箇所以上。

 

コインパーキングに替わる
未来型の時間貸し駐車場。

精算機もフラップも、
輪止めもバーも一切不要。

クルマが停められるスペースと、
専用カラーコーンさえ置ければOK。

この専用カラーコーンによって、
駐車状況をリアルタイムに管理できることが特長。

費用を一切かけることなく、
手軽にコインパーキングのように、
外部に駐車場の貸し出しができる。

 

 


駐車場シェアリングサービスのメリット、デメリット

ドライバー側、オーナー側、
それぞれのメリット、デメリットをまとめました。

 

メリット

ドライバー側のメリット


・基本、予約制
安心して駐車が出来る


・安い
元々、空きスペースだから、
安い料金で利用できる。


・クレジットで支払うから小銭が不要

 

駐車場オーナー側のメリット


・費用がかからず無料で始められる
空いている駐車場を貸し出すだけです。


・事前支払い


・ドタキャンや超過の場合も収入が入る





デメリット

ドライバー側のデメリット


・駐車スペースが希望の場所にあるかわからない

・停める場所が分かりづらい

 

駐車場オーナー側のデメリット


・借りる相手を選ぶことが出来ない


・システム手数料が高め
利用料の50%近く、手数料として徴収されます。

 

 

 


実際に稼げる金額

立地条件によって収益が大きく異なります。

 

参考目安:都道府県別、モデル収入

※車両 1台分の駐車スペースでの計算

20,000円/月

東京23区内

 

10,000円/月

東京23区外、その他

 

6,000~15,000円/月

大阪

 

5,000~10,000円/月

千葉、埼玉、神奈川、北海道、宮城、
新潟、静岡、愛知、京都、兵庫、
岡山、広島、福岡、熊本

 

5,000~9,000円/月

青森、岩手、秋田、山形、福島、
茨城、栃木、群馬、富山、長野、
石川、福井、山梨、岐阜、三重、
滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、
山口、徳島、香川、愛媛、高知、
佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

 

 

 


まとめ

いかがでしょうか。
駐車場シェアリングサービスについて、
御理解いただけたでしょうか。

 



 

悩みの種であった、
不使用のあなたの土地。

こちらを有効活用して、
収益を上げることができます。

 

始めるのも全く手間がかからないため、

駐車スペースを持つ全ての方々に
おすすめできます。

 

おすすめのシェアリングの方法は、

「自宅の駐車スペースを使ってない時間だけ貸す」

 

 

あっくん
8時~20時の間とかで、
お父さんが仕事で車で出かけている時に、
駐車スペースを貸したりするのがおすすめですね。

 

 

現在、他人とシェアして、
ビジネスに繋げるサービスが注目されてます。

自分が使っていない時間も、
有効活用できるカーシェアリング。

こちらも宜しければご覧下さい。

 

それでは、良い副業ライフを
お過ごしください。