治験に参加して高額報酬GET!治験の流れ、試薬の危険性、おすすめサイトを徹底解説

治験に参加して高額報酬GET!治験の流れ、試薬の危険性、おすすめサイトを徹底解説
悩める人
・治験のバイトってお金が良いって聞くけど、実際にどんなことするの?

・後々、身体に異変とか起きたりしないのかな?

 

 

今回はこのような疑問にお答えします。

 

 

本記事の内容

・治験について

・治験をはじめたい方におすすめのサイト

・メリット、デメリット、実際の収入

 

 

Advertisement

 

 


治験の仕事について




 

『治験』とは、
医薬品などの開発に協力することで、
高額報酬を得ることができるボランティアのこと。

 

 

あっくん
ボランティアなので、税金がかかりません。

 

 

自らの身体を犠牲にして、
まだ世の中に出回ってない試薬を飲み、

 

『その薬が安全なのか?』

『ちゃんと効果があるのか?』

『副作用はないのか?』など、

 

あなた自身が新薬の実験台になり、
世に貢献できるボランティアです。

 

 


治験の流れ

治験には通院タイプ入院タイプがあります。

どちらのタイプも、
薬やサプリメント、健康食品などを服用し、
服用後の変化を調べるために行われます。

 

 

①治験モニターに応募

以下、治験を始めたい方におすすめのサイトです。

 



 

治験情報V-NET

治験に関する様々な情報を公開しています。

 

 

生活向上WEB

登録・利用が無料で会員数80万人を超える、
国内最大級の治験サイトです。

 

 

②事前説明

治験担当医師や臨床研究コーディネーターから、
治験に関する説明を受けます。

治験の目的や方法、
検査の内容、来院回数、入院期間、
その治験薬による効果や副作用など。

 

 

③同意 署名

治験の内容を理解し、
治験に参加することに納得したら、
同意書に署名と日付を記載。

 

 

④参加条件、診察と検査

参加条件は治験内容によって異なります。

【参加条件】
年齢や性別、現在進行形の病気、
過去にかかったことがある病気、
アレルギー、指定病院への通院可能など。

参加条件をクリアされてる方は、
次の行程の診察や検査になります。

 

 

副太郎
無料で健康診断ができるのは、

嬉しい特典ですね。

 

 

しかし、この検査結果によっては、
治験に参加できない場合もあります。

 

 

⑤治験薬使用

一定期間、治験薬を飲む

 

 

⑥診察、経過

治験内容によっては、
通院回数や入院日数が多くなることもあります。

採血、採尿、血圧測定などの検査を実施して、
病状の具合だけではなく、
体内の変化も詳しく調べます。

参加者本人も体調の変化があれば、
すぐに担当医師に知らせましょう。

病院と参加者で連携をとることにより、
副作用の早期発見に努めます。

 

 

⑦治験終了

報酬は銀行振込になります。

 




 


治験の参加期間は?

治験内容よって、期間が変わります。

 

 

あっくん
1日で終わるものもあれば、
1ヶ月近くかかるものもあります。

 

 

通院タイプ

数日~1ヶ月程、通院します。

拘束時間が割りと少なめなのが魅力です。

 

 

入院タイプ

数日~1ヶ月程、施設に入院します。

起床、消灯、食事などは、
決まった時間に行われます。

入院ということで、
拘束される時間は長いですが、
自由な時間も多いです。

飯代が無料で、報酬も高額なのが魅力です。

 

 


治験の安全性、副作用のリスクは?

 

あっくん
皆さんが何よりも心配なのは、
こちらの副作用のリスクではないでしょうか?

 

 

治験のボランティアに参加して、
後々、身体に何か起きないか不安なところですよね。

治験というのは何年もかけて、
充分な検証がおこなわれた後、

厚生労働省などの厳しいチェックを受け、
24時間体制で医師、看護師さんが見守る場所で、
厳重なルールのもとに行なわれています。

動物への投与により、
安全性も確認されているので、
重大な問題が起こる可能性は、
限りなく低いはずですが、

完全に安全と断言はできません。

 

発熱、呼吸困難、アナフィラキシー、
肝機能障害、頭痛、視野障害、
心筋梗塞、脳梗塞、性欲減退など、

これらの副作用が0.1~5%未満の頻度で
起こる可能性があります。

 

その代わり、バックアップ体制は万全な
管理下にて行われています。

 

万が一、 健康が損なわれた場合には、
責任を持って適切な処置や治療をしてもらい、
補償も受けられます。

 

 

 


治験のメリット、デメリットは?

 

【メリット】

・無料で健康診断が受けれる

・短期間で高額の報酬をもらえる

・入院する場合は食事付

 

 

【デメリット】

・拘束時間が長い

・運動や食事の制限

・副作用のリスク

 

 

 


実際にもらえる収入

治験内容によって、収入は変わりますが、
以下が相場です。

 

通院:8,000円~10,000円 / 1日

 

入院:10,000円~20,000円 / 1泊

 

報酬例

・2泊3日の入院
50,000円+交通費


・10日間の通院
100,000円+交通費


・1ヶ月の入院
500,000円+交通費

 

 

 

まとめ




いかがでしょうか?
治験について、ご理解いただけたかと思います。

 

まとまった時間が取れるなら、
短期集中で大金が稼げるおすすめ副業です。

 

 

あっくん
会社の有給をまとめて使用し、
治験に参加して、お小遣いを稼ぐのもありですね。

 

 

短期で大金が稼げる魅力はあるものの、
副作用のリスクなどの心配も残る治験。

しかし、治験に参加することにより、
新しい薬が世に出回り、あなたの貢献により、
大勢の患者さんが助かります。

社会的な意義は非常に高い、
副業【ボランティア】と言えます。

 

それでは、良い副業ライフを
お過ごしください。